二次会の景品に喜ばれるものや、守るべきマナーってなんなんでしょう。

ビンゴ景品にはどういったものがおすすめか

二次会の景品にはこれ二次会などで行われる定番ゲームの1つがビンゴです。ビンゴは得手不得手関係なく、全ての方が
景品を獲得できるという点で老若男女が楽しみやすいといえるでしょう。 ビンゴが鉄板

ビンゴを行う上で非常に重要となるのが景品の選び方です。
ビンゴ景品は参加者が喜ぶものであることが大切ですが、一方であまりにも高価なものにすると
様々な問題が発生する恐れがあります。

全ての方がある程度喜び、なおかつ高価すぎないものを景品として設定することが重要といえるでしょう。
具体的な金額としては5000円以内に抑えることがポイントです。

ビンゴ景品としてうってつけなのが洗剤類であり、5000円以内の洗剤セットを用意することが有効となります。
洗剤は基本的に必要としない人がいないため、もらって困ることがありません。

また、たくさんの洗剤をセットにしても高額になることがないことも気軽に用意できることに繋がります。
同様にお米もビンゴ景品にはぴったりです。お米は高級な銘柄でも2㎏ほどで4000円前後に収まることが多く、
長期間にわたって保存できるという特徴があります。

高級アイスのセット、ジュースのセット、クッキーのセットなども景品として喜ばれやすいです。

お菓子のセット

二次会景品を選ぶ際には景品表示法に注意

ビンゴの景品など二次会景品を選定する際には景品表示法に気を付ける必要があります。
景品表示法は消費者が良い商品やサービスを自主的かつ合理的に選べるように定められた法律であり、
景品の価格設定についてもはっきりとした規定がなされています。

景品表示法はその参加費が5000円未満の場合、取引価額の20倍までが限度額となります。

つまり、二次会の参加費が2000円だった場合、理論上は4万円まで景品金額を設定することができます。

しかし、二次会では飲食物なども提供していることが想定されるので、その分を差し引いた参加費で計算をすることが大切です。
そのため、実際に用意できる予算は意外と少ないということにもなりえます。

景品表示法では、不当な広告表示なども禁止しています。一般的な景品しか用意していないにも関わらず、
極端に豪華な賞品を用意しているように示してしまうと抵触する恐れがあります。

ただし、二次会などのビンゴは商業よりも娯楽の側面が強いので、一部の例外が認められるケースも少なくありません。
とはいうものの、万が一にも法律に抵触するようなことがないように、注意して景品を決めることが重要といえるでしょう。