二次会の景品に喜ばれるものや、守るべきマナーってなんなんでしょう。

二次会の景品は幹事のセンスが問われる部分

二次会の景品にはこれ二次会の景品と言うのは、幹事のセンスが問われることになるもので、良い景品を
準備することができれば、アイテムに関する反応だけでなく、幹事に対しての反応も良くなるものです。
常に人気

なお、二次会の景品のセンスの良さを考えた場合には、平凡なアイテムではなく
そこからちょっと凝ったアイテムを準備すると効果的です。

例えば、調理系のグッズと言うのは、性別や年齢を問わず使えて良いものですが、
多くの人が持っているようなアイテムだと、面白味に欠けますし
当たった人が持っていた場合に残念な気持ちになってしまうこともあります。

ですからちょっと凝って、例えば冷凍したフルーツを使って、新食感のデザートが作れる
機械を準備したり、簡単に麺が作れるヌードルメーカーを準備するなど
実用的でありながら珍しさもあるアイテムを選べると、見栄えして良いものです。
実用性

また、ありきたりであっても、人気の高級アイスのギフト券やカップ商品のセットなどを選べると
オシャレでセンスの良さも出るでしょう。

こういったセンスの良さを発揮するための景品の選び方としては、まず参加者の
年齢層や性別のバランスなどから分析することがお勧めです。

内容に凝るよりも、どの人に当たっても喜んでもらうことが大切ですので
ありきたりな物の方が喜ばれる場合もあります。

予算と合わせて、高価なものから参加賞までできるだけ幅広く用意しておくのも
幹事のセンスを示せるのではないでしょうか。