二次会の景品に喜ばれるものや、守るべきマナーってなんなんでしょう。

結婚式の二次会の景品、これはタブーです

二次会の景品にはこれ二次会での景品選びにおいて必要最低限のマナーを知った上でセレクトしないと
新郎新婦ならびに参加者にとっても不愉快な気持ちにさせてしまう為、注意が必要です。
会社

お祝いでの一般常識として、「割れるもの」を連想させる物は出来る限り
控えた方が良いでしょう。これにはお皿やコップなどが該当します。

また、ハサミやナイフも「切れる」という意味を込めてしまうので避けた方が良いでしょう。
今では縁起物においてあまり気にしなくなっている人も多いですが、中には気にする人もいる為、
タブーとして景品候補から外した方が無難でしょう。
ごちそう

そして盛り上がりにと考えがちな下ネタを連想させるアイテムも、参加者によって
不愉快に感じる人がいないかどうかも見極める事が必要です。

また、二次会で大切なのは披露宴と違って出席するかどうかはほぼ確定しない事も多いという事です。

出席という返事を貰っていてもキャンセル可能性もあると考えて赤字を出さないような
会費の決定、予算の決定をして景品を選ぶ事が何より大切です。

特に結婚式の二次会のような場合、参加者のほとんどが初対面であることが
予想されますので、無茶な振り方が必要になるようなゲームや
ユニークさを織り交ぜた進行の仕方にも注意が必要です。

新郎新婦のために来てくれた参列者が、二次会で嫌な気持ちになって
帰ってしまうと、幹事としても責任を感じるのではないでしょうか。

マナーはもちろん、多くの人に喜んでもらえる二次会を行いたいものですね。